キャディアックスとは?

患者さんの顎の動きを確認、検査する装置

どのような顎の動きをしているのか。
異常が無いのか? 問題点が無いか?
今後どのような問題が起きてくるかが予想できます。
これによって精度の高い診断が出来ます。

Prof.R.Slavicekの理論に基づいて開発された、顎機能咬合診断診療プログラムです。キャディアックス下顎運動測定装置により得られたデータをコンピュータにより解析し、患者さんの持つ個々の骨格形態を分析し、咬合器の設定、最終補綴物を製作するまでのシステムです。

その特徴は

顎関節機能診断が可能です。
下顎の運動をリアルタイムで表示することができます。
キャディアックスで記録した下顎運動に基づいて、咬合器の調節をすることが可能です。
セファロ分析により治療計画を立てることができます。